万年筆をつけペンで使おう

万年筆の楽しさの大きな部分を占めるのはインクだと思っている るぅ(@ru_rin)です。こんばんは。

インクは楽しみたいけれどコンバーターやカートリッジじゃ使い切るのにそれなりに時間がかかります。
時間というか文字数。

そこで万年筆をつけペンとして使います。
そうすれば短時間にたくさんの色で楽しめます♪

万年筆をつけペンとして使う方法

用意するのは万年筆とインク、「水を入れた容器A」「水を入れた容器B」それとインクで汚れてもいい布(もしくはティッシュ)
用意するもの

ペン先をドボンッとインクにつけて
インクをつけて

書きます。
書いて

「別のインクに変えたいな」と思ったら「水を入れた容器A」にペン先をつけて洗います。
布やティッシュで拭いて何度か洗い、インクが付かないことを確認したら
水を入れた容器Aで洗って

「水を入れた容器B」にペン先をつけてすすぎます。
次は「水を入れた容器B」で洗って

布で拭いて同じように次のインクにペン先をつけて・・・・の繰り返しです。
布で拭く

こうすれば色んなインクで書くことができるのです♪
色んなインクを楽しめます

ちなみにこの万年筆はフライングタイガーコペンハーゲンで¥400で売っているカリグラフィーペンです。
一番細いペン先(左)と一番太いペン先(右)だとこんなに幅が違います
ペン先比較

書いてみると違いは一目瞭然。
こんなに太さが違います

このカリグラフィーペンについてのレビューはまた明日♪