洋楽で英語の勉強をする方法 その2

では前回の続きです。
印をつけた「意味のわからない単語」の意味を調べます。
辞書でひとつずつ調べてもいいのですが、まとめて調べてしまうにはGoogle翻訳を使う方法があります。

Google翻訳のページに行き、左側の「翻訳元」に単語を入力すれば一気に調べてしまえます。
G翻訳02

そして単語にルビ(意味)を振って、印刷します。
ルビを振った歌詞

最初のページに曲のデータを印刷してみました。
曲名(発表年)
アーティスト名
邦タイトル
アーティスト名
ドラマタイトル、シーズン数、話数、歌っている役名(役者名)
曲の情報

ページをめくるとルビを振った英語歌詞。
私は見開きで見られるのがいいので、2枚に分かれています。
歌詞は見開きで

英語歌詞の次に和訳詞を印刷しました。
一行ずつ照らし合わせるのではなく全体で意味や雰囲気をわかっておくためなのであえて別のページに印刷しています。
訳詞も印刷しておく

印刷いたものをリヒトラブのワンサードパンチで穴を開けて→
ワンサードパンチで穴を開ける

リヒスキンにセットすれば完成です。
リヒスキンにセットして完成

普通の白いコピー用紙ではなくクラフト紙に印刷すると気分が盛り上がる気がして正解でした(^o^)
100枚¥500くらいで売っているのでオススメです♪