行動する、ということ

こんにちは、るぅ(@ru_rin)です。

一時間ほど前から雨が降り始めました。涼しい夜になりそうです。

行動すると、嬉しい経験・時間を得ることができます

言葉のまま、その通りのお話です。
ほんのちょっとしたことだけれど、気が向くかどうかというレベルなのかも知れないけれど、
止まっているより行動した方が自分にとって「嬉しい経験・時間」を得ることができるんだな、と改めて今日思ったんです。

雲がうまれるさんに会った

今日京都の たま茶 というカフェに行きました。
2周年記念のイベントに 雲がうまれる(@KatteniCampaign)さんがいらっしゃる、というので行ってきたんです。
雲うまさんのイラストは「あぁ犬が好きなんだなぁ、私が犬を愛してるのと同じ感覚だ」と思えるのがとても好きで、
ずっと「柴犬よりコーギーが好き!」だったのですが、だんだん柴犬の可愛らしさがわかってきた気がします。

そんなイラストを描いているのはどんな方なんだろう?
イラストを生で見てみたい。そう思っていました。
そして今日、それが叶いました。

20150816-2

ただ電車とバスに乗ってある場所に行く、それだけの行動だけれど、
小さな願いがふたつ叶って、しかも一ヶ月前に亡くなった三女のイラストも描いていただけるというおまけつき。
本当に嬉しかったです。

行ってみたい場所に行く

2月に知り合いが東京で文房具イベントをするというので、無理矢理それをきっかけに東京に行きました。
セーラー万年筆のntさん(@enu_tea)にお会いして、プロフィったんの直筆イラストを描いていただいたり
文房具カフェに行って会員の鍵を手に入れたり、トラベラーズファクトリーで愛用のトラベラーズノートに自分の名前のスタンプを押したり。
どれもインターネットでツイート(発言)を読んだり写真を見たり、動画を見たりすることはできるけれど、
その場所に行ってお話してわかること、体感する雰囲気はネットでは味わえない楽しさだと思うのです。

物より経験

断捨離の本か何かで読んだんだと思うんですが「物より経験」という言葉が気に入っています。
自分にとって不必要な高価な物を買うよりも、同じお金をかけるなら経験するためにお金を使うと「嬉しい時間」を増やせる、そう思うんです。
高価な物を使うことで得られる「嬉しい時間」もあるし、それでないと得られない経験もある。それは自分にとって「必要な高価な物」
それは買っていいと思うんです。

高価な物じゃなくても、例えば美術館の展示だったり、読みたい本を図書館でリクエストの申請をすることだったり、
好きな映画のリバイバル上映を見に行くのとか、好きな格闘技を生で見る、食べてみたかったものを食べてみる。
そんな事も「経験」になると私は思うんです。

行動すると、嬉しくなれる

無理をして行動しても嬉しさは半減してしまうだろうから、その時自分が出来る範囲で行動すれば
きっと嬉しい時間を経験できて、幸せな気持ちになれる時間が増えると思います。
小さな願いがたくさん叶って、大きな願いを叶えるエネルギーになるんじゃないかと思います。
これからもちょっとした行動で、嬉しくなる時間を増やしていきます。

それではまた。

20150816-01
追伸:三女のイラストは家族にも大好評でした