タイムラプス〜カメラの生活

こんにちは、るぅ(@ru_rin)です。

友達のみきちゃん(@mokiki_3)がiPhoneでタイプラプス動画を撮っていたので、
私も去年撮ったのをお見せしたくなりました。

こちらは日が沈む前後のマジックアワー、ブルーモーメントの空にチャレンジしたもの。
これはカメラの設定を失敗してしまったけれど、まぁそれなりに撮れたもの。
(データをどこかにやってしまったので、TumblrにUPしているページにリンクしています)

私はiPhoneでタイプラプスを撮ったことはないのだけれど、ある程度カメラの仕組みというか設定をわかっていると
自分の撮りたい雰囲気に近いものや、希望の長さのものが撮れるなって思ったのを覚えています。
つまりF値とか露出とかって単語の意味をぼんやりとでもイメージできるようになっておく方が近道できる。

そしてそれがピンホールカメラへ応用できるな、とも思いました。
また別ですけれど。

みきちゃんも書いていますが、タイムラプスを撮るには小型でも三脚があることが望ましいんですが、
これがまた私には悩ましいんです。
軽い三脚だとカメラの方が重くなってしまったり、風が強いと揺れてしまったりするし、
かといって重い三脚を持ち歩くのは辛い。
コンパクトである程度しっかりしている三脚はお値段もしっかりしている。

そうやって言い訳して、ずーっと撮ってないな、、、と。
そもそも最近カメラを持って出ていないな、、、と。
自分のフォトログなのに久しぶりに見たし、去年は撮っていたな、、、と。
そう思ってまた撮るようになって、けれどまた撮らない時期が来て。
それを繰り返すばかりで写真に関していつまでたっても自分のベクトルが定まっていないことは自覚しています。

自分の撮ったタイムラプスを見て「また綺麗な空が撮りたいな、自分が気に入る動画や写真を撮りたいな」と改めて思いました。
明日はカメラを持って出ようかな。

それではまた。